fc2ブログ

■ グローバルチャレンジ ■ 地球を舞台に生きる

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

青年は荒野をめざす

青年は荒野をめざす

青年は荒野をめざす
五木寛之
文春文庫



昭和49年に刊行された『青年は荒野をめざす』の新装版。

20才の主人公ジュンは、「ジャズとは何か?」を求めて、トランペットひとつ抱えて旅に出るが、それは自分探しの旅だった。

ナホトカから、モスクワ、ヘルシンキ、パリ、マドリッド…。
半年で世界半周する間に、ジュンがドンドンたくましくなっていくのがわかる。

ジュンと旅の途中で出会い、仲間となるのは、社会の常識といった枠から外れている人達ばかりだが、皆キラキラとするものを持っていて自立している。

「おれ達は月並みな生き方はよそうぜ。たとえ実現しなくてもいいから、できるだけでかいことを考えてみよう。やれるかやれないかは試してみなきゃわからないんだ。それぞれの目標をとことんまで追求してみるんだ。うまくいかなくたって、どうって事はないだろ。」
と、ヨーロッパを後にし、アメリカ行きの貨物船に乗り込む…。


かっこいいです!

『青年は荒野をめざす』
文春文庫webサイト




スポンサーサイト



| GCおすすめ本 | 08:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gchallenge.blog68.fc2.com/tb.php/39-107d05ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT